色々なパターンがある故人を尊重する葬儀

CONTENTS
サイト内検索(by Google)
色々なパターンがある故人を尊重する葬儀
色々なパターンがある故人を尊重する葬儀

どうしても葬儀に参列できない時は弔電を利用します。

昔は葬儀の場でよく弔電が読まれていましたが今はあまり見かけなくなったような気がします。
急に訃報を受けた時、どんなことでも投げ出して葬儀には駆けつけたいところですが、そうもいかない人も多いのが現状です。

遠方だったりどうしても外せない仕事だったり身体の調子が悪かったり理由は様々です。

そんなときご遺族に弔電を送る人もいるでしょう。前はNTTを利用して弔電を申し込むのが一般的ですが今はネットから簡単に弔電を申し込むこと人が増えてきています。
。時代の流れをひしひしと感じます。
どのやりかたであっても訃報を受けたら葬儀まで日にちがそうないので確実に読まれたいなら迅速に行うのが鉄則です。

どんなに遅くとも葬儀の数時間前には届くようにしたいものです。

今はメールでお悔やみを送ることが出来、大変手軽で便利ですがやはり心からお悔やみを申し上げるなら弔電がいいでしょう。(もちろん一番は葬儀に参列することですが。)FAXで送る人もいますがこれもメール同様さけたいところです。

時代の流れでどんどん簡略化されていって大変便利な時代ですが、簡略してはいけないところは確実にあると思っています。
弔電では色々色紙も選べます。
当然高い方が色紙は豪華で綺麗です。

ですが遺族にとっては色紙よりも色紙にうつ文章の方が心に残るでしょう。一般的なお悔やみの文章とは別に故人との思い出を詳細に書いてくれれば遺族の方も心が慰められることと思います。

ピックアップ情報